IT用語辞典

DSL

デジタル加入者線(でじたるかにゅうしゃせん、DSL: Digital Subscriber Line)は、ツイストペアケーブル通信線路で高速デジタルデータ通信を行う技術、もしくは電気通信役務を指す。日本を含む先進国では、インフラストラクチャーとして既存のメタルケーブル加入者線が利用できるのが長所である。 上りと下りの速度の異なるADSL (Asymmetric DSL)、CDSL (Consumer DSL)、VDSL (Very high-bit-rate DSL)、長距離向きのReach DSL、同じ速度のHDSL (High-bit-rate DSL)、SDSL (Symmetric DSL) などがあり、xDSLとも総称する。           出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
お問い合わせはこちら!