IT用語辞典

HTML

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ、略称:HTML)は、ウェブ上のドキュメントを記述するためのマークアップ言語である。

ウェブの基幹的役割を持つ技術の一つで、HTMLでマークアップされたドキュメントはほかのドキュメントへのハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などの高度な表現力を持つ。

W3Cは、XMLベースの規格であるXHTMLの勧告も行っている。また、2008年3月現在、HTML 5も策定中である。

HTMLの特徴は、ハイパーテキストを利用した、相互間文書参照のフレームワークである。マークアップはプレーンテキストの文書を要素で括って意味付けすることで行い、文書の特定要素にURIを用いた他文書へのリンクを記載しておけば、ユーザエージェントはそれを解釈して指定された他文書を表示させる事が可能となる。また、マークアップを施す際に引用や画像の埋め込み、文書のタイトルの指定などを定める要素を記載すれば、ユーザエージェントがそれらを解釈し、形態に見合った表示を行う。HTML はそうしたマークアップの規則を定めている。

マークアップ規則はDTDとして公開され、要素ごとに記載することの出来る属性、内容に含むことの出来る要素などが定められている。2007年4月現在の最新バージョンである XHTML 1.0 では[1]、厳密なもの (Strict)、HTML 3.2からの移行過渡期のためのもの (Transitional)、フレームを用いた文書のためのもの (Frameset) といった3つのDTDが定義されている。

要素は開始タグ、内容、終了タグの三つで構成される。開始タグ・終了タグはそれぞれ <要素名>, のように表現される。必要であれば、要素に付加する特性を現す属性を記述してよい。属性は開始タグの中に、要素名に続けて属性名と属性値の組み合わせを記述する。要素名と属性名については大文字と小文字を区別しない。属性値については、属性によって大文字と小文字を区別するかどうかが個別に定められる。要素によっては、文脈上一意に特定できる場合は開始タグや終了タグを省略できる[2]。また内容を持たず開始タグのみで構成される空要素も存在する[3]。さらに一部の属性についても属性値の省略が可能となっている[4]。

HTML 3.2 では見た目を左右する要素や属性が追加されたが、HTML は本来文書構造を示すためだけにその存在意義があり、それらの要素は目的に反するものとされた。そのため視覚的・感覚的効果を定義する手段としてスタイルシート(一般にはその中のCSS)が考案された。見た目を左右する要素や属性の一部は、HTML 4以降では非推奨とされており、HTML 4.01 Strictでは定義されていないので使用できない。ただし、非推奨とされず、HTML 4.01 Strictで定義されている要素や属性の一部にも見た目を左右するものがある。装飾的な視覚表現のためにそれらの要素や属性を用いているのであれば、その内容に適する要素を用いた上で、スタイルシートで表現を指定するのが望ましい。
HTML 4.0策定時は、多くの利用者が未対応のブラウザを愛用していたため、スタイルシートによる制作の普及が遅れたものの、2005年の時点でHTML 4.01に対応するブラウザが普及したことで、主要なWebサイトではHTML 4.01に準拠した制作方法に切り替えられている。実際に表現力において、従来のHTML 2.xベースに比べて多彩な表現を可能にしている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

お問い合わせはこちら!