IT用語辞典

Microsoft Windows ME

Microsoft Windows Millennium Edition(Windows Me、マイクロソフト ウィンドウズ ミレニアム エディション)はマイクロソフトが2000年に発売したPC用OSである。日本語版は2000年9月23日に発売された[1]。 コードネームはMillennium[2]。「Me」の呼称は「エムイー」と読む人が多いが、マイクロソフトによる公式の愛称は「ミー」[3]。WinMeやMeなどと略される。なおPC-9800シリーズには利用率の減少を理由に対応していない。                                                       Windows 9x系はWindows NT系への統合が計画されていたものの、Windows 2000がまだ一般ユーザ向きではないとの判断から(2000年当時)急遽Windows 98 Second Edition(セカンド エディション/SE)の次版としてWindows Meとしてリリースされた。そのため「Windows 98 Third Edition(サード エディション/TE)」と揶揄を込めて呼ばれることがある[4]。 見た目の一新とマルチメディア機能を全面に押し出した。また、USBメモリのようなUSBデバイスやチップセットのドライバが充実し、Windows 98のように別途ドライバのインストールの必要がない簡便さが特徴。そして、起動ディスクが1枚に集約された上、98にあったFDISKのバグも解消されていることから起動ディスクの評価が高い。 しかし、多機能性が求められた結果、OS自身がシステムリソースを多く占有するという欠点をかかえることとなったためブルースクリーンやフリーズが多発し、9x系Windowsの最終バージョンでありながら最も不安定という不名誉な評価を受けることが多い。2001年10月にはWindows NT系と統合された次世代の家庭用向けOSであるWindows XP Home Editionが発売されたため、Windows Meの実質的な販売期間はおよそ1年2ヶ月[5]という異例の短さであった。 Windows XPへの移行が順調に進んでいると判断したマイクロソフトは、前身のWindows 98や98SEと同様に2006年7月11日をもって修正モジュール提供などのサポートを打ち切った。また、オンラインセルフヘルプサポートも2007年7月11日以降に終了した[6][7]。2007年5月2日、独立行政法人情報処理推進機構は、「サポートが終了したOSの利用は非常に危険な行為である」とアナウンスしている[8]。 2009年7月現在、マイクロソフトの各種サポートが打ち切られていることからWindows Meに対応する製品は一部のゲームソフトや周辺機器を除いてほとんど姿を消している(動作はするが、サポートしないものも含む)。マイクロソフトのサポート終了後、Windows XPやWindows VistaなどのNT系統への移行が加速しているのが窺える。Windows Meをサポートしないことにはプログラム検証の負担を軽減できることや機種依存コードを記述可能になるなどのメリットもある。 しかし、Windows 98/98SEやWindows 2000程ではないがWindows XP以降の後継のOSよりも要求されるマシンスペックが低いこと、古いソフトが動作することなどからマイクロソフトによるサポートが終了した現在においても一部で利用されている。中古パソコンやジャンクパソコンの有効活用[9]、Virtual PCやVMwareなどの仮想マシン上でのゲストOSとしての利用、後継OSでは動作しないゲームのため等の場面が考えられる。
お問い合わせはこちら!