IT用語辞典

デバイスドライバ

デバイスドライバは、グラフィックディスプレイ、プリンタやイーサネットボードなど、ある特定の入出力デバイス(拡張カードや周辺機器などのハードウェア)を制御し、アプリケーションソフトウェアに対して抽象化したインターフェースを提供するためのソフトウェア。「デバドラ」「ドライバ」とも略される。 ワープロや表計算などのアプリケーションなどが、グラフィックディスプレイ、プリンタ、ネットワークカードなどのデバイスを利用する際、OSが提供する共通化されたAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)によってデバイスの機能を利用できるようにしておく。そして、抽象化されたAPIとハードウェアとの間の対応を、各ハードウェア用のデバイスドライバが受け持つ。 このような仕組みを採用することで、結果的にハードウェアの差異を吸収することができる。ソフトウェアプログラマは、特定のハードウェアに対応する 細々としたソフトウェアを書かずとも、APIにあわせたアプリケーションプログラムを作ることで、作成したソフトウェアから不特定多数のハードウェアを利 用することができる。 広く共通化が進んだハードウェア(キーボード、マウス、USBなど)では、OS内部に標準ドライバが含まれている場合が多い。標準ドライバがサポートしないハードウェアに関しては、一般に、そのハードウェアを提供するメーカが、デバイスドライバを製品に添付するか、あるいはインターネット上で配布する。       出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』   
お問い合わせはこちら!