IT用語辞典

メモリ

記憶装置(きおくそうち)とは、コンピュータが処理すべきデジタルデータをある期間だけ保持するのに使う、部品、装置、電子媒体の総称。メモリ(英: memory)またはストレージ(英: storage)とも。記憶装置はコンピュータの中核機能の1つである「情報の記憶」を行う。現代のコンピュータには必ず何らかの記憶装置があり、CPUと共に1940年代から使われ続けている基本的コンピュータモデルを実装している。 一般に、メモリは Random Access Memory (RAM) などの半導体記憶装置を指し、高速だが一時的な記憶に利用する。ストレージは、光ディスク、ハードディスクなどの磁気記憶装置といった、メモリよりも低速だがより恒久的な性質を持った記憶装置を指す。メモリは「一次記憶装置(主記憶装置)」、ストレージは「二次記憶装置(補助記憶装置)」にほぼ対応する。 このような分類は、一般的なコンピュータ・アーキテクチャに根ざしたものである。英語では「ストレージ」が記憶装置全般を指すことがあるため、二次記憶装置としてのストレージをマスストレージとも呼ぶ。         出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 
お問い合わせはこちら!