IT用語辞典

ミニコン

ミニコンは、メインフレームのように大規模なシステムを想定したしかけが搭載されていないながら、メーカー独自のアーキテクチャを持ったコンピュータを指す。意味合いとしては、メインフレームの縮小版ともいえ、その性格上、メインフレームに比してダウンサイジング化やオープンシステム化の影響を受けやすく、メインフレームよりも早く市場から淘汰されていった。大きさについては、電子レンジ以上の大きさを持っているものを指す。あまりに小さいものはマイコンに分類されてしまう。逆にメインフレームに匹敵するほどの大きさを持っていても分類上問題ない。 用途としては、主に制御系(プロセス制御、通信制御など)を中心に、エンジニアリング系にも利用される。                出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 
お問い合わせはこちら!