IT用語辞典

ディレクトリ

ディレクトリ(Directory)は、コンピュータの記憶メディア(ハードディスクなどファイルシステム)のファイルを整理・管理するための、階層構造(ツリー構造)を持つグループ名。初心者向けの解説書などではファイルの入れ物と表現されることもある。           「ディレクトリ」は主にUNIX系オペレーティングシステムやMS-DOS、3.1以前のWindowsで使われる語で、95以降のWindowsやMacOSではフォルダと表現される。 UNIX系のオペレーティングシステムでは、最上位(root)を根(ルートディレクトリ)とする。DOS系やWindows系、MacOSではディスクまたはパーティションごとにツリーが構成されるが、その場合も各ツリーの最上位をルートディレクトリと呼ぶことがある。 ファイルはルートディレクトリからのパス名で識別される。これを「絶対パス」や「フルパス」と呼ぶ。これに対して、あるディレクトリからの相対的なパス(「相対パス」)でファイルを識別することもできる。このときのディレクトリをカレントディレクトリあるいはワーキングディレクトリと呼ぶ。UNIXやMS-DOSでは、カレントディレクトリを chdirコマンドあるいはcdコマンドで変更することができる。ディレクトリー内容の検索にはdirコマンドを使用する。 ユーザーがシステムにログインしたときのカレントディレクトリをホームディレクトリと呼び、その配下にユーザー個人のファイルを置くことが多い。 MS-DOS系の基本ソフトに対応したディレクトリー内の改変を容易に行うために、バイナリエディタ付ファイル管理プログラム(エコロジーIII/マイクロ・データ等)も存在した。             出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
お問い合わせはこちら!