IT用語辞典

電子商取引

電子商取引(でんししょうとりひき、Electronic commerce、eコマース、Electronic Trading)は、インターネットや専用線のようなコンピュータネットワーク上での電子的な情報交換によって、商品やサービスを分配したり売買したりすること。 情報技術産業(IT産業)の立場からみると、電子商取引は商業トランザクションが目的とされたビジネスアプリケーションであるとみなされる。あるいは電子商取引は電子資金移動(EFT)、サプライチェーン・マネジメント、電子マーケティング、オンラインマーケティング、オンライントランザクション処理、電子データ交換(EDI)、自動化された在庫管理システム、および自動化されたデータ収集システムのいずれかであるとも言える。 電子商取引といえば従来は、特定の企業間電子商取引(B to B, B2B, Business to Business)における電子データ交換(EDI, Electric Data interchange)や銀行間の電子資金移動(EFT, Electrical Finance Transfer)を意味していたが、近年ではインターネットを利用した不特定多数の参加者による企業対消費者間取引(B to C, B2C, Business to Consumer)、さらにインターネットオークションなどの消費者間取引(C to C, C2C, Consumer to Consumer)も指すようになった。 インターネット上の商行為は、商品購入、広告宣伝、契約締結、資金決済など幅が広い。インターネットを利用し、Webサイトを構築し商品を売るサイトをECサイトという。
お問い合わせはこちら!