IT用語辞典

URL

Uniform Resource Locator(ユニフォームリソースロケータ、URL)または統一資源位置指定子(とういつしげんいちしていし)は、インターネット上のリソース(資源)を特定するための形式的な記号の並び。WWWをはじめとするインターネットアプリケーションにおいて提供されるリソースを、主にその所在を表記することで特定する。なお、ここでいうリソースとは(主にインターネット上の)データやサービスを指し、例えばウェブページや電子メールの宛先といったものがそうである。

インターネットを、様々なリソースが点在する空間のように捉えれば、URLはその空間内においてリソースの場所を特定する「住所」のようなものと考えることもできる。実際、日本でより一般に好まれる呼称として「アドレス」がある。これはInternet ExplorerのURL欄がそのように題されていることに由来すると思われるが、MACアドレスやIPアドレスなどと紛らわしく、技術用語としては正確でない(意味があいまいというだけで間違いではない)。

ティム・バーナーズ=リーが1991年に発表した論文でUniversal Resource Locatorと命名し、初期はその名が使われたが、現在の正式名称はUniform Resource Locatorである。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

URL例
http://b-conect.com/
http://www.b-conect.com/

お問い合わせはこちら!