IT用語辞典

USB

USB(ゆーえすびー、Universal Serial Bus:ユニバーサル・シリアル・バス)は、コンピュータに周辺機器を接続するためのシリアルバス規格の1つである。 Universal(汎用)シリアルバスの名の示す通り、ホスト機器にさまざまな周辺機器を接続するためのバス規格であり、最初の規格となるUSB1.0は1996年に登場した。現在のパーソナルコンピュータ周辺機器において、最も普及した汎用インターフェイス規格である。レガシーポートとも呼ばれる従来からのシリアルポート (RS-232) やパラレルバス(パラレルポート)、PS/2(マウス、キーボード)端子の置き換えを狙い、今日まで十分にその目的を果たしたと言える。 USB規格では、1つのバスについて周辺機器は最大で127台接続可能である。接続口が足りない場合には、ツリー状に拡張できるUSBハブの使用も想定している。プラグアンドプレイにも対応しており、規格制定当時の一般的な外部インターフェースでは不可能だったホットプラグも可能としていた。 さらにUSB2.0の登場によって転送速度に大幅な向上がみられ、従来のIDE(ATA)やSCSI、イーサネットなど高速転送規格が必要だった機器との接続にも用いられている。 規格にバスパワー、すなわちホストアダプタからの電源供給を規定している。機器利用者の視点からみれば、コンピュータ本体の電源から電力を得ている形になり、後述するようにコンピュータ周辺機器のみならず、単にステーショナリーグッズ、携帯電話やデジタルオーディオプレーヤーな ど携帯機器へ電源供給をするための端子としての用途もあらわれた。USBはホスト機器と周辺機器を接続する規格であり、周辺機器同士の直接接続には非対応 で、電力供給能力が低いといった限界や柔軟性に欠ける部分はあるものの、現在のパーソナルコンピュータ環境では利便性に優れ、周辺機器との接続に最も使用 される規格である。特に外部記憶デバイスとして扱えるUSB接続のUSBメモリは可搬性の高さからよく利用されている。 当初はインテルなど4社が仕様を策定したが、2009年3月現在では、NPOである"USB Implementers Forum, Inc."(USB-IF)が仕様の策定、管理などを行なっている。USB-IFは、インテル、HP、マイクロソフト、NEC、NXPセミコンダクターズ、テキサス・インスツルメンツの6社が主導企業であり、この6社に加え、デル、ノキア、ソニー、サムソン電子など合計180社で構成される。        出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 
お問い合わせはこちら!